玄米【キヌヒカリ】
玄米【キヌヒカリ】
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 玄米【キヌヒカリ】
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 玄米【キヌヒカリ】

玄米【キヌヒカリ】

通常価格
¥2,000
販売価格
¥2,000
通常価格
売り切れ
単価
あたり 

キヌヒカリは、関西方面で広い作付けをしているお米です。

キヌヒカリの特徴は、その輝きの素晴らしさと、食味の良さといわれています。 キヌヒカリは、コシヒカリほどの粘りはなくソフトな粘りで、そのためにコシヒカリよりさっぱりとした口当たりになります。

そのため、炊き上がりの輝きとぱらっとした口当たりが、関東以南のお寿司屋さんに人気を集めています。

またササニシキに比べて、価格も安いのが魅力となっているお米です。 キヌヒカリの料理としては、銀シャリや白飯がオススメで、 お寿司屋さんや高級料亭の他に、コシヒカリでは味が強すぎたり、粘りが強すぎると感じておられる高齢者の方から根強い人気を集めています。

歴史

キヌヒカリは、1975年から研究が始まりました。

当時、北陸では倒伏しやすかったことから、耐倒伏性が強い品種が求められていました。 キヌヒカリの系統(家系図)はちょっと複雑です。

母は[収2800]と[北陸100号]の子で、父は[北陸96号]の交配によって誕生したお米で、農林番号を122号と言います。 キヌヒカリは、背丈が低いため倒伏性が強く、食味もコシヒカリと同等の品種として人気を集め、関東以南の関西で作付面積を拡大させています。

1990年頃から作付け面積を広げ、2004年には全国の作付けランキングの5位に入るなど高い人気を集めています。